2016年8月26日金曜日

人物の表と裏

自民党二階俊博幹事長、この人物どこか得体のしれない人物とは思っていたが、参議院選挙直後だったか自民党総裁任期延長論をぶち上げたりしたので、よけい嫌な奴だと思っていた。しかし昨日の報道によると皇室問題に触れ、総理ご一統様が最も嫌う「女性天皇を容認」、更に天皇陛下自らが望まれている生前退位問題に関しても、総理が「この内閣で」で処理すべきと語ったらしい。殆どの政治家が「畏れ多い」を理由に、自らの考えを語らないこの重要案件についていとも簡単に意見を述べたことについては評価したい。個人的には有識者会議なんてことをだらだらやっても意味が無いと思う。むしろ与野党政治家同士の根回しの問題だろう。

総理も谷垣氏の後任幹事長に据えるぐらいだから、彼の政治的手腕には無視しえない何かがあり、味方に引き込む必要は感じているのだろう。しかし二階氏側が安倍氏に対してどれほどの共感を持っているかは別かもしれぬ。総裁任期延長論が単なるリップサービスだとすれば、相当な狸おやじだ。改めてwikiで調べてみると、顔は成程狸を髣髴させるが齢は1歳上の77歳で、大学卒業後すぐに議員秘書からスタートして、県会議員を経て一貫して政治家で進んできている。

多分二階氏から見れば、15歳も若い安倍晋三氏なんかは洟垂れ小僧みたい者だろう。自民党には安倍総裁よりキャリアも古い議員は結構いると思うが、何故か安倍応援団の「日本会議国会議員懇談会」に所属している者が多い。次期総裁を狙う石破氏なんかまで幹部に名を連ねているし、岸田外相自身は参加していないようだが親分の谷垣氏は大幹部になっている。引き換え二階氏は日本会議とは距離を置いているようだ。派閥の中には日本会議の議員懇談会に参画している者もいるが、あまり多くない。

そりゃその筈だ、彼は党内現役議員では今や数少ない中国、韓国通のようだ。来月4日から中国浙江省の杭州市で開催されるG20向け裏で相当活躍しているのではなかろうか。何れにせよ、何を考えているか何をしているか、本当のところは何もわからぬが、このような政治家がいないと困るのも事実。総理も相当気味が悪いだろうが、いざとなればお友達の若い連中では誰も役に立たぬだろう。二階氏にとっての問題は、肝心なアメリカとのパイプがどうなっているかだ。

何と言ってもアメリカほど厄介な国はあるまい。強かな政治家ともなれば、そんじょそこらの芸者以上の手練手管を用意しているとは思うが、「さんざ遊んで転がして、あとでアッサリ捨てるのね!ネー トンコ、トンコ」とならぬよう願いたい。

2016年8月25日木曜日

健康オタク

久し振りで強い夏の陽射しがそそいだので、ふと昨年の夏を思い出した。昨年の8月はあまり雨が降らず今日のように暑い日が続いていた。そんなことを何故思い出したか、昨年の8月は前立腺がん放射線治療のため1日も休まず病院通いだったから強く記憶に残っている。思えば早いものだ、次回1年の経過検査日は10月6日になっている。この検査でPSA値が1以下ならかなり安心できるのだろう。

今は排尿促進の薬を3日1回服用するだけになっているが、前立腺に関する自覚症状としてはかなり改善しているようだ。しかし問題は他の体力劣化である。
筋力の衰えは致し方が無いにしても、自分では確認できぬが骨なんかも相当劣化しつつあるだろう。今月初めに区から無料健康診断の案内が来ているので、10月6日の結果を持って隣の掛かり付け医に行くつもりだ。体重が増えて身長が低くなっていると言われるかもしれぬ。

今日は幼稚園時代からの古い友人から電話があり、来週昼に合うことにした。彼曰く「今年は夏の暑さに参って、遂に長野に墓参りもできなかった。」来週ゆっくり話を聞いてあげるつもりだが、こちらも何れは彼のような気持になってゆくのだろう。まだ自分は昼日中汗を流しながら歩くことは辛うじて出来ている。でもこれも時間の問題で、正直なところ段々辛くなっているのも否定できない。遠からず彼のようになるのは仕方があるまい。

逆に昨夜はまだ40代後半の現役の友人と食事を楽しんだ。働き盛りの現役だけに知識は豊富で話が面白い。何よりも食いっぷりと飲みっぷりが年寄り連中とは全く違う。何とかペースを合わせようと少し努力をしたが、すぐ無駄な抵抗と気付いて止めた。補給が効かないのだから身体が劣化するのは当たり前のことと改めて実感してしまった。いくら健康オタクを気取っても自然の摂理には抵抗の術はない。

2016年8月24日水曜日

過去の清算

事務所閉鎖の準備が着々と済んでいる。昨日は不動産屋に解約通知を出しに行った。大家の奥さんに何かと世話になったので「よろしくお伝えください。」と言うと馴染みの女子事務員が「大家さんもお嘆きになるでしょう。」とのこと。大家さんには顔を会わせるたびに、必ず何か差し入れを貰っていた。場所が良い上に家賃も安いので、後の借り手に不自由はないだろうが、こちらも手間のかからぬ程度の良い店子であったことは間違いない。不動産屋に言わせると「そりゃ引っ越しは大変でしょう。70歳を超して家を新築すると、すぐ死んでしまうと言われるのは、ありゃ引っ越し疲れですよ。」とのこと。分からぬでもない。

事務所においてある書籍は、明後日古書店に引き取りに来てもらう段取りが付いた。値が付くような本は1冊も無いことは分かっている。しかしブックカバーだけは外しておいてくれとのこと。書棚とキャビネットにしまい込んである本は背表紙が見えるようにしてあるが、箱に入れてあるものは買った状態のままだ。これが約300冊ほどあったろう。朝から床に座り込んでカバー外しで約1時間半。ブックカバーを外すと内容が記憶に蘇る本もあったり、全く内容が分からないものもある。中には改めて読みなおしたい本もあるが、そんなこと言いだせば整理はつかない。すっかり腰が痛くなってしまったので、接骨院に行って揉んでもらったら大分楽になった。

午後は先日亡くなった<むの・たけじ氏>の追悼ビデオを見た。今から5年前に収録されたものであるが、非常に見応えがある。即ち過去の清算に関するもの、是非皆さんに視聴をお薦めしたい。http://www.videonews.com/marugeki-talk/514/
氏は先の大戦の終戦当日に「国民に正しい報道が出来なかった」ことを理由に勤務していた朝日新聞社を退職したことはよく知られている。氏の話を聞くと、戦後国会図書館に通って自分の記事を全部チェックしたそうだ。結果、嘘を書いたことは一度も無いことは確認できたが、真実を書かなかったことが結果的に国民を騙したこと。更に指摘するのは、直接軍部から記事に関して強制されたことは一度も無く、全て自主規制であったことを率直に述べている。

そしてこの状況は現在も全く同じであろうと想像し、戦争で何が一番いけなかったかについてはっきり言っている。満州事変以降の15年戦争を通じて、日本人は全員自主性を失い、無責任になってしまったことに尽きる。確かに仰る通りである。

2016年8月23日火曜日

少年憧れの的

昨日のオリンピック閉会式で、次回開催地東京のデモストレーションに日本国総理大臣が突然現れたことに関して、スポーツの政治利用とか何とか大分評判が悪いようだ。総理も長い夏休みを取っていたので、存在をアッピールするには絶好の機会ととらえたのだろう。そんなことはどうでも良いとしよう。今日たまたま図書館に行って、いつものように借り出し図書の到着を待つ間、何となく小学生時代に愛読していた「少年倶楽部」をデジタルアーカイブで呼び出してみた。

何と懐かしかったことか、時は1952年の号を3冊ほどパラパラと見た。内容は何一つ記憶にあった訳ではないが、毎号冒頭に置かれた小松崎茂氏の挿絵(現代的にはアニメ イラストとでも言うべきか)がカラー印刷で今日でも結構なインパクト持っている。終戦から7年しかたっていないのに、テーマがロケットによる宇宙探検であったり、ヘリコプターによる魚群探知が描かれている。世界大戦での敗戦を全く感じさせない明るい絵柄であることが素晴らしいと思った。

またこの年はヘルシンキで第15回夏季オリンピックが開催された年で、春先からオリンピックの派遣選手のことが紹介され、秋になると結果が写真とともに掲載されている。今回のリオ大会が第31回だから、当時の写真がモノクロで判然としない選手の姿だけなのは仕方があるまい。小学校5年生の頃に当たると思うが、中には名前に覚えのある選手もいる。体操の小野喬選手は後に小野清子さんの旦那さんになった人の筈だ。跳馬で2位に入賞と書いてある。

春ごろの号には水泳の古橋選手の名前が出ていたのだが、何故かオリンピックには出場できなかったようだ。でも橋爪四郎選手は1500m自由形と800m自由形リレーで何れも2位入賞。他にも何人か銀メダリストはいるが、全く記憶になかったのはレスリング・バンタム級で石井庄八選手が金メダルを獲得していること。今回のリオでも日本選手はそれなりに活躍して国民を喜ばせてくれたが、60年以上前で、まだ敗戦気分が抜けきらぬ時代のことだ。

国民の喜びようは想像に余りある。水泳選手の写真何ぞ未だ6尺褌姿ですよ。因みにこの年の10月号にナンバーワン・グラフなるカラーページがあった。その1ページを4等分して紹介されていたのが、古橋広之進、白井義男、川上哲治、東富士の4氏。昔からスポーツ選手は少年憧れの的だったことがよく分かった。

2016年8月22日月曜日

宴の後

今朝婆さんが言っていた。「今年は夏らしくからっとした天気の日が殆ど無いようね。」二百十日とか秋の長雨はよく聞くが、子供たちが未だ夏休みの最中なのに、一度に三つの台風が本州から北海道にかけて接近するとはおかしな夏だ。地球の裏側のリオでオリンピック閉会式が行われていたが、ここでも雨が降りしきっていた。地球全体が気候変動に見舞われているかと思ったら、関係者は恵みの雨と喜んでいる風情無きにしもだ。外国のことはさっぱり分からない。兎も角2週間以上にわたったオリンピックも終わってしまった。

祭りの後に来るのは一抹の寂しさと相場が決まっている。長野オリンピックは1998年だからもう20年近く前のことになるが、故郷長野では宴の後は一抹どころではなく、地域経済が悲惨とも言うべき状況に陥ったことはよく知られている。ブラジルも国家の政治・経済状態が芳しくなく、開催前には相当懸念が持たれながらも滞りなく無事閉会式まで漕ぎつけた。改めて関係者には敬意を表し、他国のことながら長野の二の轍を踏まず発展することを祈念したい。

なんて書くと、他人の頭の蠅よりお前の国やお前自身は大丈夫かと笑われそうな気もする。個人的には来月事務所の閉鎖で、一時的に引っ越し費用が発生するものの、無駄な費用の垂れ流しを大分止めることになる。あと何年生きるか分からないが、これからは出来るだけ生活を縮小してお金を使わないよう心掛ける決心もついた。年寄りとしては当然ことだ。一方国家の方は相変わらず、お金のばらまきを企んでいる。為政者は無限にお金が湧いてくるとでも思っているようだ。

「俺を見倣え」と国の政策に口出すほどの見識は無いし、力が無いのが残念である。国は我が寿命を遥かに超えて存続しなければならない。存続の根本は何と言っても人口の確保だろう。2020年のオリンピックに備えてアスリートの育成も結構だが、先ず赤ちゃんを増やすことを考えないといけないように思う。そうは言っても人それぞれ、「先に楽しみ、後に憂う」のも一つの哲学だ。長い人生の中で出会った友人の中にはそういう哲学の持ち主も何人かはいた。いわゆる楽天思想で、プロ野球の球団名になるくらいだから、一概に悪いとは言えないだろうし、彼らの人生が傍から見て不幸に終わっているとも言い難い。

己ですら嘗てその傾向にあったことは否定できない。しかし最近は少し反省して少々悲観的になっている次第である。国家指導の立場にある人たちが如何なる哲学を持つか知る由もないが、2020年以降のことも十分頭に入れておいてもらうことを祈りたい。

2016年8月20日土曜日

身辺整理

今日はまた台風の影響とかで土砂降りと晴れ間が交互にやって来るおかしな天気になった。幸い昨日は1日晴れていたので、事務所の閉鎖に備えて自宅の片づけを大分進めることが出来た。自宅には書籍類を置かず、全て事務所に集中させていたが、それでも10数年の生活の垢は相当な量になる。一気にとはいかないが、婆さんの協力を得て2時間以上かけての大掃除である。

天皇陛下はお子さん方に対して、断念することの大切さを説かれたそうである。オリンピックのコーチや選手たちには無縁かもしれぬが、一般人にとって断捨離はとても重要な概念だ。婆さんもどちらかと言えば物を捨てるのが嫌いな方だが、流石に今回は意を決したようで協力してくれている。

自分個人は余計なものを持ちたくない性格なので、昨日は背広類から初めてゴルフ道具とか山登りの道具とか、あまり使わなかったものを含めて思い切った処分をした。これでゴルフや本格的山には行きたくなっても行くわけにいかない。娘が使ったピアノは未だ置いたままになっているが、長年反対し続けてきた婆さんも諦めて処分に同意してくれたので、引き取りの予約を入れた。

大分さばさばした気分である。昔故郷では両親が風通しが良くなると「せーせーした。」と口にしていたことを思い出す。積載量が0.5tの軽トラックにほぼ一杯のガラクタを処分したら、急に家が広くなった感じで、改めて我が家を見直すことが出来た。築60年近いボロ屋だが、終の棲家で十分通用しそうだ。昼日中に夜逃げもあるまいにと、隣の婆さんまで出てきて状況を観察している。やがて序にと思ったのだろう、境界線上の枝や、草むしりを始めたので、婆さんも付き合わないわけにいかない。

お蔭で婆さんは、夕方になると腰痛を訴えてぼやくことしきりだ。まだすっかり落ち着いたわけではないが、まあ、ボチボチ協力願うしかない。昨日1日で自宅の方が折角せーせーしても、1か月後に事務所からまた下らぬものを運び込んだのでは何もならぬ。来週以降は事務所のガラクタ整理に取り組まねばならない。

2016年8月19日金曜日

天才と指導者

もう2週間もオリンピック報道を楽しんでいる。もちろん日本選手の予想以上の活躍があればこそだ。いつも早朝5時半ころから2時間半くらいと、19時から50時半頃まで、途中観られない時間は朝30分、夜1時間くらいあるが、
テレビは殆どオリンピック報道で埋められていると言っても過言でない。これに高校野球とプロ野球を加えれば、我が国民は四六時中スポーツを楽しんでいる平和な国家だ。

スポーツとなるとやはり本場は英国になるのだろうか、メダルの獲得数では今日までのところ、あの中国と互角になっている。英国の人口は6300万人程だから、13億とも14億人とも言われる中国とは比べ物にならない。国家目標として学校教育でスポーツを特に奨励しているとも聞いたことは無い。対して中国は何事によらず、才能有りそうな子供たちを大勢集めて英才教育を施す国柄である。

この中国に英国が何故引けを取らないのか、興味津々だが取り敢えず置くことにする。我が国も4年後の東京オリンピックを目指して、今後ますます選手の育成に力が入るだろう。既に天才的なスポーツ少年、少女の目星はついているだろう。しかしその中から4年後にメダルを取る選手を見つけ、磨き上げるのは容易でなさそうだ。スポーツには詳しくないが、リオの報道を見る限り、どの競技においてもコーチの存在が大きいことが分かる。

シンクロの井村雅代コーチに言わせると「オリンピックには魔物が住む、なんて呑気なことを言ってはいけない。そんなもの居ないに決まっている。そんなこと考える暇があったら練習しろ!」だそうだが、女子レスリングの吉田沙保里選手なんか観ると、やはり魔物が居たようだ。魔物には栄コーチの神通力も通用しなかったようだが、女子レスリングの栄和人コーチの苦労話も相当なものだ。天才少年や少女がどんなに努力をしても、独学だけではオリンピックのゴールドメダリストになることは難しいように思う。

コーチの存在は無くてはならぬ。他人の素質を見抜き、欠点を補正しながら良い素質を延ばすのは教育と同じことだ。よく言われることだが、必ずしも現役時代の名選手である必要はない。柔道の井上康生コーチは東京まで頑張るだろう。今回頑張った体操・卓球・バドミントンのコーチはどなたか知らない。フェンシングは太田雄貴君がコーチになるそうだが、頑張っていい後輩を育ててほしいものだ。問題はコーチの更に上、そこらへんも若返りした方が良いだろう。