2017年1月24日火曜日

発言の分かりやすさ

昨日と同じテーマで恐縮、昨日の稀勢の里関の記者会見は誰が聞いても心地よかったに違いない。同じ記者会見でも、念入りに準備された総理記者会見が全く心に響かないのは何故か、総理周辺は研究することを薦めたい。会見の中で彼が覚悟の中に「立ち居振る舞い」について語ったのは巧まずしてのことだろうが、偉いと思った。因みに前後を余さず引用すると以下の通り。

「グッと気が引き締まりました。尊敬される、模範となるような力士になっていきたい。そのためにはもっともっと努力しないといけない。稽古場の立ち振る舞いもそう、生き方としても周りから見られている。責任ある地位。中途半端な気持ちではいられない。」中学卒業文集には「天才は生まれつきです。もうなれません。努力です。努力で天才に勝ちます。萩原」と書いたとの報道もあったが、凡俗から見ると彼はやはり天才の一人だ。

天才でも生半可な努力ではなれないのが横綱かもしれぬが、その代わり横綱にはカド番も減ったくれも無い、実績を失えば一巻の終わりだ。彼が何場所横綱の地位を張れるか、今相当なプレッシャーに耐えていることだろう。更なる精進を期待しよう。

お相撲とはまるきり違うのが政治の世界。宇良関のレスリング経験を生かした決まり手の「居反り」は協会が認定している48手のうちらしいが、政治の世界はそれこそ「なんでもあり」らしい。特に、総理は一度陥落してもノコノコ復活できることも相撲とは大違い。恥を知らなければ笑いが止まらぬかもしれぬ。安倍総理の頭にある星取表も選挙の数字なんだろう。「確かに大きな議席を失って一度陥落したが、それ以上の議席を獲得したのだから文句はあるまい。」確かにそれも一つの哲学ではある。

しかし、「地盤、看板、鞄」の3つが揃えば総理大臣には誰でもなれるとすれば問題だ。稀勢の里関の学歴は中学校卒業、安倍総理は大学のご出身。しかし所信表明演説を終えたばかりの総理側から見れば、語る内容を比較するのも恥ずかしくなるだろう。品位と風格の差が歴然としすぎる。もちろん学歴の差でもない、馬鹿とか利口の問題とも少し違う。

安倍総理にはこれ以上笑いものにならぬうちに早いとこお引き取り願いたい。

2017年1月23日月曜日

お正月らしい話題

今朝はだいぶ冷え込んでいるが、昨日の昼間はのどかで春らしい陽気だった。たまには明るい話だけを書いておこう。

何といっても大相撲初場所、稀勢の里が白鵬を破って目出度く優勝。大いなる相撲ファンとは言い難いが、19年振りに日本出身の横綱が誕生することになって目出度い限りだ。30歳という年齢が少し気になったが、30歳を超えての横綱誕生は過去に決して例が無いわけではないようだ。余計な心配はしなくても、稀勢の里は昨年最多勝利を挙げているし、平成十四年三月場所の初土俵以来の成績は非凡なものだ。休場が1日しかないは怪我をしない証拠だろうし、稽古を真面目にしているからだろう。兎に角立派なものだ。新横綱の活躍を大いに期待しよう。

卓球の全日本選手権・女子シングルスの平野美宇選手の優勝も昨日の明るいニュースだ。16歳は何とも羨ましい。東京オリンピック、更にそれ以降での活躍を草花の陰から応援することになるだろう。

2017年1月21日土曜日

トランプ新アメリカ大統領

何故か土曜日はブログを休むことが多いが、暇なので書いてみる。昨夜は早く寝たので1時に目が覚めて、2時過ぎまでトランプ氏の就任演説を聞いてしまった。感想は「分かりやすい」の一言に尽きる。要するに「現在生活が苦しい人たちは自由貿易主義の被害者だ。生活苦から抜け出させるために保護主義だろうとなんだろうと国益最優先でいくよ。」

具体的に何をどうするか知らぬが、現在生活苦に喘ぐ国民にすれば心強いだろう。一見時代錯誤のように感じなくも無いし、日本の評論家の大半は経済政策としても間違っていると言っている。アメリカ国内でもトランプ氏の政策や性格に反対者が多いようで、就任時支持率は歴代大統領最低とのこと。日本のマスコミは、アメリカ社会が分断されたと嬉しげでもある。

思えば第1次オバマ氏の就任演説「YES WE CAN」は極めてインパクトがあったし、万人に呼び掛けた素晴らしい演説だったように記憶するが、さて、具体的に何をすると言ったかについては思い出せない。当然ながら趣旨としては<国民の平和と豊かさを築き、且つ世界平和の安定をリードしていく。>くらいのことは言っただろう。前任者に比べると如何にも頭のよさそうな印象を持ったものだった。

今日の報道では、オバマ氏の就任時支持率は、昨日のトランプ氏に比べて2倍近いものだったようだ。しかし、そのオバマ氏でさえ8年掛けて成しえたことを思うと、殆ど無きに等しいらしい。内容を知らないが、唯一鳴り物入りで成立をみたとされる<オバマ ケア>なんて政策すら、トランプ氏がぶち壊すとのことだから、これとて全国民が諸手を挙げて歓迎したものでもないらしい。如何なる国の如何なる政策でも、全国民が諸手を挙げて歓迎なんて代物はあり得ないだろう。

一見無教養の不動産屋のトランプ氏、そんなことあり得ないだろうと思うのだが。自身も取り巻きを見ても金持ちの集まりながら、貧乏人の味方を一番に掲げている。「景気をよくする」と言っているが、「金持ちが儲かれば、おこぼれが貧乏人に落ちてくる」なんて回りくどいことは言わず、端的に貧乏人救済をお題目にしているところは強かなものだ。

アメリカ経済なんかどうなろうと余り関係ないが、世界平和は問題だろう。オバマ氏は就任時に大きく出すぎて、結果的に何もできなかった、なんて酷評になってしまった。トランプ氏は商売人だそうだから、世界平和について声高な発言は無いようだ。逆に言えばそれが怖い。ISを徹底的にやっつけるくらいは仕方ないにしても、イスラエル寄りとか、アメリカ大使館をエルサレムに移転とか、何を考えているのか不気味でもある。

昨夜少し観たBS番組でアメリカ人ジャーナリストが日本の大学教授に質問していた。「北朝鮮の核の脅威に対する受け止めは日本とアメリカでは全く違います。北が核弾頭を搭載したミサイルを完成と認識すると、事前にこれを叩く可能性は大いにあります。その際、同盟国日本に対し事前に<これから攻撃するから>と通告が来たら日本はどうすればいいのでしょう?北の短距離ミサイルは既に対日韓には何台も実戦配備されているので、両国には一定の被害が生ずるのは間違いありません。」

日本の先生の返事は記憶にないが、頼むからトランプさん「分断された国民を一致させる方法は戦争に限る」なんて思わないでくれよな。

2017年1月20日金曜日

業界構造

どんな経緯があったか知らぬが、通常国会開会を目前にして急に文科省官僚の天下りが問題化したと思ったら、即、事務次官が辞職するとのこと。霞が関官僚の天下りなんぞ霞が関全体の問題であることを知らない人がいたらお目にかかりたいものだ。鳩山政権時代に前年の半分近くまで減ったと報じられているが、その方が余程おかしい。そのすぐ翌年からまた戻り始めているのが何よりの証拠だろう。

父が地方公務員だったので、父も1度天下りのお世話になっている。確か大学2年生になる時だったと記憶するが、父が上京して一緒に生活していた兄と私、3人で話し合ったことをよく覚えている。何でも父の定年が迫ったので、「定年後は東京に来て弁護士でもしようかと思う。ついては拠点が必要なので、取り敢えず3人で住めそうな家を見つけてほしい。」と言われても兄は兎も角、こちらにそんな才覚は無いのでそのままでいた。暫くするとまた田舎から連絡が来て「再就職がこちらで決まったので、急がなくてもいいけど何れ同じことになると思うから心がけておいてはほしい。」

この再就職先が今言うところの天下りだった。父は臨んだわけでもないだろうが、後輩の人たちが心配して斡旋してくれたわけだ。昔のこととは言え地方でさえそうなのだから、長い歴史を持つ霞が関にあって先輩の再就職を後輩が心配する、或いは後輩や同僚の再就職を段取りするのは官僚の重要な仕事であることが長ずるに及んでよく分かってきた。当事者であれば重要どころでなく、入省した時から人事は当然ながら再就職先に及び、最重要課題であるようだ。お坊ちゃんの鳩山内閣が声を上げたので、システムのメカニズムに多少の変更は余儀なくされているのだろうが、システムそのものを温存する力は馬鹿にできぬだろう。

官僚だって人の子、家族を食わせないわけにはいくまい。アメリカの官僚のように、大統領の交代で首になることは覚悟して入省していれば別である。日本の場合は組織の一員になることは組織の維持が最優先事項だから、法律でこれを壊すのは無理がある。天下りを許すと如何なる弊害は言うまでもないが、官僚と関連業界との癒着だ。これを無くすために天下り禁止だけで済むならこんな簡単なことは無い。官僚の世界に首を突っ込んだ人は永遠に官僚なんだろう。

有効な方策をすぐに思いつくほど頭がよくないのが残念ではあるが、余計なことで一つ言えるのは、天下りが民間人の就職機会を奪っていると言えるかどうかだ。広告会社にいた人間が官僚の天下りポストについても機能し得ないだろう。天下りはほぼ永久になくせないと思うが、仮に根絶出来たらどんな社会が実現するか、想像してみるがいい。貧乏な老人が増え、今でも優秀な人材が集まらなくなっている官僚世界を目指す若者が減るだけだ。何かいい方策は無いものだろうか。

2017年1月19日木曜日

スポーツ中の事故

スキーを楽しむ人の数は一時に比べると大分少なくなってきている。しかしゴルフをやめ、水泳をやめ、ハイキングでさえ殆どしなくなっている今でも、毎年1回は必ずスキーをしている。そこで気になったのが、先日報じられた野沢スキー場でのオーストラリア人親子の遭難事故である。どうすればスキー場で遭難したのか、報道だけではよく理解できない。当初は今流行りのバックカントリーとか言って、敢えてコース外に飛び出して滑った罰だろうと思っていたのだが、そうではないようにも思える報道「親子4人で滑っているうちにコースを間違えて迷ってしまった。」が聞こえてきた。

野沢スキー場はあまり詳しくは無いが、ある程度は分かるので詳報を期待したが、翌朝救出後はそれが報道されず、シンガポール経由の国際電話のリレーでとか、雪洞の天井はスキーとスノーボードで覆ったとかだけで、原因の究明は無いままだ。グループでスキーをするとき、余程上手な人同士でなければ、相当な間隔をとって滑るものだ。それが親子4人団子になってスキー場で迷ってしまうなんてどういうことなんだろう?遭難した時刻もはっきりしないが、リフトなりの機械が動いている時間帯に登って滑り始めたであろうから、辺りが見えなくなることも考えにくい。

若かりし頃に好まざるにも拘らず、単に下手くそなだけだからスピードの制御ができずにコース外に飛び出した経験があるが、こういう時は一緒に滑っていた友人に救出してもらったものだ。従ってこの親子の場合はどう考えても、集団で好んで場外に飛び出したとしか思えない。と言っても勝手に死ねとも言えないし、助かってよかった。何れにしても、また来月スキー行きを計画している身としては、他人事とは思わずにスキー場でさえ遭難の危険があることを肝に銘じるよう心掛けたい。

2017年1月18日水曜日

文化文明の源

大分時代遅れの人間になっている実感はあるが、ダボス会議での中国習近平氏の演説報道を観てふと思った。氏の演説は中国語だったが、日常会話で英語をかなり使いこなすことは知られている。改めて「言語」とか「言葉」の問題を考えてみたい。昨今は小学生時代からの英語教育が論じられているのか、始まっているのか知らぬ。しかし本件について賛否様々な意見があることは承知しているし、個人的にどちらかと言えば「先ず日本語が先でしょう」に与する方かもしれない。しかし多くの国民にとって長ずるに及んでは、国際語たる英語が必要になることも事実だ。

そこで順序だって考えてみるに、先ずこの世に生を受けて日本で一定年月過ごすとあれば、日本語習得が必須の要件であることは論じるまでも無い。先ずは話すこと、読むこと、書くことの3要件だろうが、これをどこまで学ぶかについて考えると、結構難しいことに気が付く。話し言葉の乱れについては他人を笑えないし、書くことに至っては並みの小学生にも劣る可能性もある。では読むことだけは大丈夫か、と問われると、これも大分危ういものがある。であれば、いっそ国語は中学生程度の国語教育に留めて、高校からは全ての授業を英語で行うなんて考えも有りうるだろう。

おそらく明治初期は高等教育は全学科英語授業だった筈だ。極論かも知らぬが、何につけても現代の有識者の考えることは、抜本的にとか何とか言いながら中途半端でイライラする。これから知識人とされるには、自国語を含め最低でも3か国語くらいは使いこなせなくては通用しないだろう。もっと重要なのは、話す言語がどこの言葉であれ、自信をもって正確に己の意思が表現できるかどうかだ。先に中国のトップについて触れたが、比較するに日本の政治家はご粗末に過ぎる。

総理のことは措くとして、例えば、我が外相も英語は堪能とされる方なんだろうが、外国人と相対するに際して、写楽が意味不明の笑いを浮かべてような顔を見ていると何とかならぬかと思いたくなる。そもそも日本語にしても、当初は唐か宋かもっと古いかもしれぬが、現中国方面から韓半島経由での輸入品ではないか。それを輸入元に分からないような「かな文字」に置き換えるあたりが不思議だが、それでも立派な国語を形成した先人には敬意を表そう。

問題は今後のことである。アニメやラインのスタンプを以て世界に日本文化の発信を考える前に、日本人が国際人になるにはどうすべきか。もっと抜本的に考える必要がある筈だ。

2017年1月17日火曜日

打ち出の小槌?

訳の分からないことばかりだが、その一つに「財政難」と「財源難」がある。勝手に想像すると「財政」は財務省が作る数字で、自分らが好き勝手に生み出す数字について「難儀しながら生み出しているのだぞ」と国民に対して恩着せがましく言っているだけのことだろう。従って余り気にもしない。しかし「財源」は作り出された経緯はともかく、誰の目にも一応は明かな筈だ。国のことで言えば、単年度会計とのことだから今年の財源は幾らとはっきり決められている筈だ。(足りなくなったら補正とか何とか、変幻自在の財政からの捻出が如何様にもできるらしいが、暫く措く)

昨日、国民年金の控除証明が届いたが金額が余りに小さく(220万円弱)なっているのでびっくりした。健康保険料や介護保険料を引かれた数字故かどうか知らない。年金額が削られるという話は聞かなかったように思うが、どう考えても昨年に比べて減っているような気がする。昨年の資料をすべて破棄しているので、貧乏人のひがみかもしれぬが、年金暮らしに入った当初は企業年金連合会からの支給、年間約30万円と合算すれば年金額合計は300万円ほどだから、贅沢はできぬかもしれぬが生きていくには十分と認識した記憶がある。

それがいつの間にか250万円まで下がっているのだから、早いとこおさらばしないとえらいことになるかもしれない。なんて個人的な財源について、嘆き節を今更言っても始まらないが、これなんぞは多分財源難を理由に、そうせざるを得ないなんて事だろう。

総理のお正月旅行は今日で終わるらしいが、先日も書いたように総理が持参した手土産代わりの対外援助の財源である。書いた時は未だ個人的な年金の恨みが無かったのでスルーしてしまったが、昨日の顛末があるので改めてイチャモンをつける気になった。総理は海外に対して気前よくお金をばらまいているが、あの財源はどこにあるのだろう?例えば先週、フィリピンに対して向こう5年間で1兆円の経済支援を約束している。

まさか総理のポケットマネーである筈がないので、税金からの支出であるのは明確だ。毎年の財源は国会の審議を経て決定されるはずだが、向こう5年間の海外支援はどのような形でオーソライズされるのであろうか?素朴な疑問のつもりだが、こちらの頭が幼稚すぎるのだろうか。マスコミにはその辺を分かりやすくご説明願いたいのだ。ベトナムに無償供与を約束している巡視艇なんかのオーソライズも同様だ。

第一、武器輸出ではないか。幾ら武器輸出解禁が民社党政権時代のことは言え、こうも気安く武器輸出することについて非難する世論は全く出てこない。もっと言えば、フィリピンのドテルテ大統領に対してミサイルの提供を申し出て、「私は第3次世界大戦の引き金を引くつもりはない。」と断られたとの話がフィリピンの新聞で報道されたらしい。情けない世になったものだ。